6話 アゲハ唄 【貴様は死体だが、命に別状はない。岩葉純希】 | 【貴様は死体だが、命に別状はない。岩葉純希】

6話 アゲハ唄 【貴様は死体だが、命に別状はない。岩葉純希】

貴様は死体だが、命に別状はないの6話のあらすじです。6話でいよいよ明星きらら編が終わりそうです。

魔女カスミによって、屍魂という化け物になったきららが本来の姿に戻っていきます。
ほんのわずかですが

成田は、後悔していたのです。

きららのアイドルの夢を絶ったことに。そのことをどうしても謝りたかったのでした。でもまさか化け物になるとは思っていなかったのですね。

きららも成田の気持ちがしっかりわかっていたのに、冷静になれなく暴走してしまったのでした。結果、屍魂になってしまったわけですが・・。

最後にわかりあえた二人。その二人を暖かくカスミらは見守ります。最後の瞬間を見届けるために

熱狂的なきららのファンである赤音は、アゲハ唄を聞きたいと熱望。それに答えるきらら
ラストステージを歌いきってきららは成仏したのでした。

後日、カスミは成田に返金を申し出たのでした。でも成田は十分満足だったのです。ちゃんときららとわかりあえたのですから。

でもなぜ成田がここの蘇命庵を知ったのか不思議に思うのです。なにかがうごめいているのを

感じるのでした。

7話へ